post by 1oigja30gh |

理想的な便や便秘になりやすい人の特徴

ヨーグルトと便秘の関係

ヨーグルトには乳酸菌ビフィズス菌が含まれています。これらの成分は善玉菌を増やします。善玉菌が増えると腸内環境整うので、便秘の解消や予防、免疫機能向上、アレルギー反応の抑制が期待できるのです。悪玉菌による下痢も防止し、デトックッス作用でぽっこりおなかも解消されます。

ちなみに、成人の腸内には、乳酸菌やビフィズス菌を含む善玉菌・中間菌・悪玉菌がいます。善玉菌が活発な腸は、腸のぜん道運動もしっかりと動いています。したがって便秘になりにくいという仕組みです。また、腸にも水分が補給され、便がやわらかくなり排出されやすくなります。

善玉菌は偏食、寝不足、ストレス、運動不足などの生活習慣により、減少します。とくにストレス社会の現代人は善玉菌が減少しやすい環境にいるのが現状です。ヨーグルトで手軽に善玉菌を摂取しましょう。

そしてヨーグルトには、脂肪、ビタミンB、タンパク質、カルシウムと栄養価も抜群。したがって、健康維持やダイエットにも良いとされています。さらに上澄みには、ラクトフェリンがあります。これは良質なたんぱく質で、美肌にも嬉しい成分です。

どうやってヨーグルトを選べば良いの?ヨーグルトの選び方

ヨーグルトが便秘、美容、健康に良いということがわかりました。では、どのヨーグルトを選ば良いのでしょうか?

さきほど善玉菌の重要性について述べました。ヨーグルトに含まれている善玉菌は、ヨーグルトにより種類が異なります。だからその効果の出方もヨーグルトによってまちまちです。

善玉菌に含まれる乳酸菌やビフィズス菌は、胃酸に弱く腸まで生きたまま届くことはないといわれています。「じゃぁ、摂取しても意味がないのでは?」と思いますが、大丈夫です。乳酸菌やビフィズス菌は、胃酸で死んでしまっても、善玉菌のエサになるので摂取することに意味があります。

そしてよく見たり聞いたりする“トクホ”についてお話ししていきます。“トクホ”とは特定保健用食品の略です。トクホの商品は、体に良い働きをするという効果が認められているものです。科学実験のもと証明されているので安心して食べられます。トクホのヨーグルトでなくても良いヨーグルトはたくさんありますので、一つの選択基準としてトクホを選ぶと良いでしょう。

でも、一番は自分に合ったヨーグルトを食べることです。スーパーにはさまざまなヨーグルトが売られています。しばらく続けてみて排便に効果があるかどうか様子をみてください。効果がなければ、次のヨーグルトにチャレンジしても良いでしょう!

関連する記事:便秘に良いって聞いたけど本当?ヨーグルトであなたも腸内美人